動画用新規立ち絵ベース完成

完成品

基本

 動画用のリニューアルしたベース立ち絵塗完成しました。差分は口開きだけですが、今後差分を予定通りに増やしていきます。
 オリジナルキャラクターのプレヒスとセノックの差分と比較を下記に残します。差分がある程度増えたら、オリジナルキャラクター設定も含めた動画公開しますので、宜しくお願い致します。

差分

口開き


知らない機能がまだまだある

動画用新規立ち絵線画完成

基本立ち完成

 新規動画オリジナルキャラクターの立ち絵線画完成しました。今回はキャラクター毎の違う部位は、目と髪飾りの形、髪色、リボンの色、袖色です。見た目の違いを今まで以上に付けました。

出来た差分は1つ

 動画で使用するために、最低限の口開き差分を作りました。今週中に投稿予定の動画では、新規立ち絵を使用した動画になります。
このブログを執筆中時点で、塗も完成しています。動画での完成発表をお楽しみにください。




知らなかった機能が沢山ある事に気づく

動画用新規立ち絵下描き中

共通部位の下描き

ラフ

上記のラフからプレセノ2人キャラ分の共通部位を描いた下描きがこちらになります

目と装飾は差別化

ポーズなしの立ち絵下描きまでは出来上がりました。
このあと、目の表情変化と腕の変化がある差分が出来上がります。
制作までの過程をお楽しみにください。


3Dモデルキャラクター使用したらポーズが取りやすくなった

11月の3DCG練習-イラスト完成-

正面図

 10月分の3DCGの前に、11月分のイラストが出来ました。
今回の正面図は手足を太めに描き、3D化した時の手足の細さが多少ましになるのではと思います。
 このイラストを元に制作する3DCGは11月以降になりますので、もう少しお待ちください。


サークルロゴ完成

ロゴ作成道筋

長くサークル活動を行ってきましたが、これまでサークルロゴというものを作ってきませんでした。
しかし、開発ゲームの頒布、ポータルホームページ作成、ブログ作成、動画投稿と続けてきて、統一したロゴがいるのではないかとずっと考えてきました。
文字だけにするか、模様を作るか迷いましたが、新しいサークルの呼び名に合わせて文字だけのロゴにしました。

読み方について

本サークル名は二転三転していまして

初代:PrehistoricCenozoic(プレヒストリックセノゾイック)

2代目PHTR-CNZ(プレヒストリックセノゾイック)

最新:PHTR-CNZ(プレセノ)

最新のサークル名の読み方は「プレセノ」となります。

今後の使用状況

制作したロゴはYouTubeチャンネルのアートとアイコンに使用しています。
活動余裕が出来次第、ポータルホームページにロゴが適用されていきますのでお楽しみにください。

更新したYouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCfd4iNXIywhMaIOkKX1qT1Q


制作回数を増やしてきて

メインのゲーム制作以外に、定期動画制作や定期イラスト制作を行って1ヶ月ほど経ちました。
スケジュール予定を埋めながらも、メインのゲーム制作に影響なく制作工程を増やしていけそうだと思っていましたが、現在のスケジュール管理ですと体調不良が続くと予定通りにいかない事が多数ある事を知りました。

スケジュールが狂わなければ予定のある状態を維持する為、まだまだ試行錯誤の段階です。
ゲーム開発の遅れが出ない範囲で、活動を増やしながらも休む機会も増やして行くようにしていきます。

1年単位で活動を見ていただければ幸いです。

新たな試み動画公開

新たな試みで先週行ったライブ配信動画のまとめを作ってみました。
ライブ配信を倍速で編集したものに少しだけボイスロイド音声を入れています。

今後も編集を改善しながら、無理のない動画投稿を行っていきます。

YouTube:https://youtu.be/EtHU2s3KywI

3月の活動方針

とうとう、2021年も3月に入ってしまいました。
1月、2月とゲーム制作、動画制作、イラスト制作、そして作曲制作と制作活動の種類と頻度を上げ続けました。
また、ブログ更新も続いています。

そこで、3月はこのような活動方針になります。

  • ゲーム制作進捗報告は週1回の動画
  • イラスト制作のライブ配信で作業風景映す
  • 3Dモデリング作業のライブ配信
  • ライブ配信の編集動画投稿
  • SufferingShot!β版の公開

作業風景のライブ配信を増やしていこうと思います。
作業風景配信で、制作作業時間を減らさずに動画投稿頻度を上げていく予定です。

2021年になって全体的に活動頻度が増えたのは、単純に成果の量を増やしていこうという考えになったからです。
もっと上手くやれるのではという考えを一旦捨てて、まず動いて終わらせる事を続けていく事を優先しています。
制作期間が長く続いている新作ゲーム「SufferingShot!」ですが、進捗動画を週1回作ることによって、制作見直しをしたにもかかわらず制作スピードは上がっています。

今後の進捗報告動画はステージ構成の発表が続き、動画内容も似たものが連続していく可能性もあります。
しかし、投稿を止めるようなことはせず、動画として投稿を続けます。
編集する機関が減れば他に制作するものにも当てられますが、動画制作も活動の1部(特に広報)の為です。

今月中にβ版SufferingShot!公開も予定していますので、広報活動を兼ねている配信が増えていきます。
無理をせずに活動頻度が上がると思いますので、どうぞお楽しみにください。