ゲーム制作進捗報告8

今回は、ゲーム制作に直接関わる訳では無いですが、Gitについて勘違いしていた箇所を、訂正を込めたメモ書きになります。

今まで勘違いしていたGitリポジトリ制作先

Unityのプロジェクトフォルダ階層1つ上に作っていた

上記のリポジトリ作成していたため、これまで参考にしていた、不要なデータをコミットから外すgitgnoreの設定が、上手くいかない為困っていました。しかし、フォルダ設定を見直していたら間違いに気づきました。

Unityプロジェクトフォルダ内にリポジトリ作成

Unityのプロジェクト内に、リポジトリを作らないと意味がなかったと、ようやく気付けました。これにより、無駄なデータをコミットする必要が無くなり、少しは快適になると思います。

単純なミスに早く気付けるようになりたいです。

ゲーム制作進捗報告5

今回の報告は、現在開発中のゲームシステムを仕様確定している箇所を公開します。

  • スキル育成システム
  • ゲーム難易度変更
  • 街フィールド設定
  • ワールドマップ採用
  • プレイ時間記録

 主に目立つシステムを記述しました。
公開中の体験版からシステムなどを、見直して構築していきます。
ちなみにゲームジャンルは、STGです。
今後のゲーム制作の指標に出来るモノにしていきたいと思います。

これから完成まで楽しみにしてください。

ゲーム制作進捗報告3

新たに杖のモデリングを行いました。

これは元にした移動用モーションを流用して制作しました。

上記のモデルを流用して、動きのモーションを統一させることが出来ました。

明確なモーションは、後日公開です。

ゲーム制作進捗報告2

今報告できる進捗はプレイヤーモデルを、Unityパッケージ化してデータ移動を楽にしました。

今後はモデル自体のアップデートとゲームシステム公開を中心に行いたいと思います。

ゲーム制作進捗報告1

今月からデジゲー博2018までに、ゲーム制作の進捗報告や制作メモをブログで上げていきたいと思います。

1回目は、Blender上で制作したモデルとUnity上に持っていた時の問題点の解決です。

間違いだけどこれはこれでモデルに使える?

Unityにモデルを持っていくと、スカートの面が一部消えてしまう問題が発生しました。

Blender上では問題なく正の表示だった為、少し悩みましたが、3Dモデルで面の表裏の問題に気づいてから試すと直せました。

Blenderの編集モードで問題のある面を選択

CTR(command)キー+Nを押すと

面がすべて表に

上記の操作をBlender上で編集する事で、Unityでのモデル破綻がなくなりました。

しかし、モデルの破綻は単純なモノだけでは無いものも多く、他に問題が生じたらまたブログに記述します。